肌がきれいなので嬉しく笑う女性
マスクシートを使用している女性

ニキビは皮膚から分泌される皮脂が毛穴の付近に溜まり、ブドウ球菌などの細菌が繁殖し化膿することです。皮脂の漏出に関して男性ホルモンが関係していて、特に思春期になるとホルモン分泌が活発になるでしょう。皮膚を清潔にしていても夏になると汗をかくし、ほこりが多いことも注意が必要です。ニキビ対策のための市販されているサプリが販売されていて、お肌のトラブルに対して体の内側からケアすることができます。ビタミンや植物由来の厳選成分などが入ったものは効くので、皮膚科で処方される薬と一緒にサプリを利用すると効率良くお肌に効くでしょう。

ニキビに有効な成分

ニキビは顔の皮膚の炎症で、原因である皮脂の漏出を予防する作用や皮膚表面の殺菌、消毒や炎症の緩和などといった対症方法が役立つ成分が主体になった医薬品やサプリメントが多いです。

例えばイオウは還元作用があり殺菌効果になり、酷くなると皮膚が角質化するケースがありますが角質化を予防することができます。イオウは固体になりますが粒子が細かいほど効くと言われていて、コロイド状にして医薬品として販売されています。殺菌成分としてアルコールやフェノール系などの医薬品がよく使われていて、刺激が少なかったり殺菌効果が高いものが選ばれているので即効性があるでしょう。炎症を抑える成分としてグリチルレチンや、イブプロフェンピコノールなどがスイッチOTCとしてリリースされています。イブプロフェンは風邪薬や鎮痛消炎薬などに配合されており、これを溶解タイプにしたものです。

薬の選び方と注意について、自分の症状と合わせて選択することをおすすめします。液状タイプや軟膏・クリームタイプがあり、イオウの場合は水中で懸濁するので乾くと粉末が残ることから軟膏やクリームなどで利用することが多いです。医薬品を利用するとすべてのニキビが治るわけではなく、日頃から洗顔などに気をつけて皮膚を清潔な状態に維持することが必要です。

栄養バランスにも注意が必要で、野菜類の摂取によってビタミンの補給を行ったり便通を良くすることによって改善することができます。進行度合いやできる場所によって、それぞれの原因が異なります。自分のタイプを知ることからスキンケアを見直したり、効率良くアプローチすることができるでしょう。外側をケアする医薬品や化粧品はもちろん、内側からもサプリなどでダブルケアすると即効性があります。

顔のベタつきはそのまま放置せずに早めに落としたり、抗炎や鎮静成分が含まれた化粧品でもトラブルを予防することが可能です。皮脂分泌が多かったり、ベタつきや毛穴が広がっていたりブツブツしているなど、お肌に悩んでいる人は多いです。皮脂の分泌に悩んでいる人がいますが、皮脂はお肌を守るヴェールにもなっています。皮脂によって守られているオイリー肌の人は老化しにくい特徴があり、年齢を重ねるとシワの少ない人が多いと言われています。しかし、過剰な皮脂はリスクがありお肌の上にそのまま放置すると酸化したり、炎症を起こし細胞を傷つけるといったダメージ要因になるので注意が必要です。

分泌された皮脂は時間をおかずにきれいに除去するのが鉄則で、特に紫外線を浴びる環境においてダメージの度合いが大きくなります。お肌を鎮静化する抗炎症剤などを利用し、にきび肌になる前にダメージを予防することが重要です。

サプリメントは身体の内側から作用することができ、いろいろな種類が販売されています。主にビタミンが配合されたものが多く、天然成分のハーブを含んでいるものも多いです。コラーゲンなどの美容成分も含まれていて、体の中からきれいをサポートしてくれます。飲みやすい形状になっていて錠剤やゼリータイプがあるので、自分の好きなアイテムを選択することが可能です。

しばらく薬やサプリメントを利用してみて、それでも症状に改善が見られない場合は皮膚科に受診することをおすすめします。ニキビが酷いということは皮膚が弱かったり過敏ということになるので、薬による過敏反応などを想定し早めに医師に相談すると良いでしょう。

市販薬と医薬品の効果の差

ニキビ治療にはいろいろな市販薬や医薬品があります。市販薬は数多く販売されていて、塗り薬やローション・パウダーなどの形状もさまざまです。中にはリラックスすることができる香りが付けられたものもあり、お肌に悩んでいたとしても市販薬を使用して、そのままやり過ごす人も多いでしょう。

軽度なものなら市販薬でも十分治療することが可能です。しかし市販薬の成分に関して処方薬より弱いものが多く、含まれている有効成分の量が少なめになっています。そのため市販薬では十分な改善を見られないケースもあるでしょう。お肌が弱いということからわざと効果が薄い薬を使っている人もいますが、お肌の状態が良くなるどころか塗り薬が毛穴に詰まったり悪化させているケースもあるので注意が必要です。市販薬を1週間ぐらい使ってみても目立った改善がない場合、それぞれの症状に応じた治療を受けるため一度皮膚科を受診することをおすすめします。

軽度~中等度ぐらいの症状の場合、皮膚科ではクリンダマイシンなどを含んでいる抗菌剤の塗り薬や殺菌作用がある過酸化ベンゾイルなどを利用した洗顔が処方されてます。敏感肌のため優しく洗顔したい場合、過酸化ベンゾイルなどを利用してスポット治療を受けることが可能です。重度のケースになると、洗顔やクリーム・内服薬などそれぞれの症状に合った治療を組み合わせてアプローチすることになります。

正しい洗顔の仕方なども教えてくれるので、医師のアドバイスに従うことによって効率良く治療を進めることが可能です。例えばレチノイドや抗菌剤などを組み合わせたものがあり、それぞれ分かれた製品を使うより効果があるケースがあります。レチノイドはしわを予防することができたり、コラーゲン産生を刺激することができるので成人のニキビ治療によく利用されています。サリチル酸も薬によく使われていて、ゲルや拭き取り洗顔ペーパー、クリームや洗顔料などに含まれている成分です。サリチル酸は腫れや充血などを抑制することができ、毛穴の詰まりを予防することができます。

皮膚科を受診するとブルーライトを利用することが可能です。ブルーライト光線は毛包を透過することができ、原因になる細菌を除去することができます。ほとんどの場合治療は複数回行われることが多く、お肌の状態を改善することができるでしょう。

高血圧治療に使用されている処方薬であるアルダクトン(スピロノラクトン)も、ホルモンの影響によってできるにきび治療に利用されることがあります。これは経口摂取の錠剤でホルモンの受容体をブロックし、大人ニキビの原因であるテストステロンの急増を抑制することが可能です。成人になるとピルを利用している人も多く、経口避妊薬(ピル)は排卵するのに必要な黄体ホルモンの分泌を抑制し、月経周期を安定させたり皮脂腺が過剰に作用しないよう整えることができます。

月経痛などを改善することができるので、ニキビ治療も含めて利用している人が多いです。いろいろな市販薬や医薬品・サプリメントなどがありますが、使用するには注意が必要です。使用上の注意を良く読んだり、飲み合わせ・食べ合わせには注意しましょう。市販薬やサプリメントを使って治療している人が多いですが、ある程度の期間がたっても効果を感じないようなら医師に相談することをおすすめします。その人に最適な治療を受けることができ、短期間で効率良く治療することが可能です。

記事一覧
ボコボコとしたニキビ跡の予防効果のあるヒルドイドフォルテジェル 2019年11月21日

ヒルドイドフォルテジェルは乾燥肌や手荒れ、お肌のかさつきを改善することができる医療用保湿剤です。有効成分であるヘパリン類似物質が配合されていて、クリーム剤のよう...

塗りやすいゲルタイプ、ダラシンTゲルのジェネリックは通販でゲット 2019年11月05日

ニキビ治療に効果のあるダラシンTゲルには塗りやすいゲルタイプのジェネリックがあります。クリアウィンと呼ばれていて、これはニキビ治療薬のダラシンTゲルに対して美白...

優しいピーリング効果でニキビを治すスキノレンクリーム 2019年10月17日

スキノレンクリームはお肌に優しいニキビ治療薬で、ピーリングや抗炎症・美白などの効果がある有効成分であるアゼライン酸を配合しているのが特徴的です。炎症した後に起こ...

ニキビを治すだけじゃなく、ニキビ跡まで消すアジダームクリーム 2019年10月05日

アジダームクリームは有効成分であるアゼライン酸を含んでいる医薬品で、ニキビの治療によく利用されていて抗菌・抗炎症作用があり美白作用も得ることが可能です。配合され...