• ホーム
  • 原因は男性ホルモン?!ニキビができるメカニズム

原因は男性ホルモン?!ニキビができるメカニズム

ニキビができるにはあるメカニズムがあります。毛穴に皮脂が詰まることによってアクネ菌が増加し、毛穴で炎症を起こすという仕組みです。10~18歳くらいの思春期にできる種類を思春期ニキビと呼んでいて、ホルモンバランスの変化が原因だとされています。

思春期になると女子も男性ホルモン比率が高くなるので、分泌される皮脂などが増加するようになります。そのため毛穴において皮脂が溜まりやすくなり、すぐにできてしまうというメカニズムです。思春期においてできやすく、もともとの肌質なども関係してくるでしょう。

汗をたくさんかく夏になると皮脂の分泌が盛んになり、試験前といったストレスを持ちやすい時期になるとニキビが多く発生する人もいます。原因であるアクネ菌は普段はあまり悪いことをしませんが、空気のない状態になると増える性質があげられます。つまり毛穴に皮脂が詰まり密閉された状態にあると、アクネ菌が毛穴の中において増加していき、炎症の元になる成分を作るという仕組みです。

思春期になると男性はもちろん女性も男性ホルモンが増えるので、ニキビに悩む人が増えていきます。ニキビにはいくつか種類があり、例えば毛穴に皮脂が詰まるだけの初期ニキビや炎症を起こし赤く腫れた重症のものなどあります。いくつか色に分けることができ、白や黒・赤などに区分することが可能です。

白は最初の段階で、毛穴に皮脂が詰まっていたり古くなった状態になります。患部が薄い皮膜で覆われており表面がまだ閉じているので、発疹が白色や乳白色に見えるでしょう。黒は白が少し進行した状態で、皮脂が盛り上がり穴があくことによって、患部の被膜が開く状態になっています。空気にさらされることによって、酸化し黒っぽく変色していきます。黒が更に進行したり悪化したものが赤色で、毛穴に詰まっている皮脂に雑菌や細菌などが繁殖してしまい、炎症を起こし患部の周りが赤くなったり腫れあがった状態が特徴的です。

重度になると炎症が酷くなったり、赤ニキビになると化膿するので黄味がかったものになります。かゆみが痛みがあるケースもあり、他の皮膚疾患の可能性などもあるので医師に相談することをおすすめします。とりあえず市販のOTC医薬品を使用してみて、1週間以上たっても改善が見られない場合は慢性化しているかもしれません。治りにくい状態になっていたり別の皮膚疾患のケースもあるので、医師による診断を受けると安心です。

毛包炎やニキビダニ症、脂漏性皮膚炎や多嚢包性卵巣症候群の場合、ニキビによく似た症状が現れるのでなかなか治りにくいなら早急に受診しましょう。