• ホーム
  • ニキビが増えるのを防ぐために日常的に意識すべきこと

ニキビが増えるのを防ぐために日常的に意識すべきこと

ニキビが増えるのを予防するため、日常的に意識すべきことがいくつかあります。規則正しい生活習慣が予防の第一歩になり、バランスの良い食生活を行いましょう。偏った食生活を行っていたり、糖分や油分などのとり過ぎは、ニキビを起こす原因になります。特に糖分に油分を組み合わせると、皮脂過剰になりやすく注意しましょう。

予防に有効的なのは脂質代謝を促したりお肌の調子を整えてくれるビタミンB群やビタミンCで、積極的にとりバランスの良い食生活を維持することが大切です。アルコールは糖分を多く含んでいるので、ニキビの遠因になるかもしれません。揚げ物といった油っこい食事を多くとっていると、皮脂の過剰分泌に繋がるのでお酒を飲む場合はおつまみの種類に注意が必要です。便秘を予防するのも大切で、腸内に有害物質が溜まると腸内環境の悪化から免疫力が弱くなるケースがあります。免疫力が低下するとお肌にも悪影響を及ぼし、腸内環境の悪化からお肌のターンオーバーが乱れるのでニキビができやすくなります。

夜更かしせずに十分な睡眠をとることも大切です。睡眠不足になると身体の免疫力が低下し、新陳代謝が遅れるのでお肌のターンオーバーも乱れるようになります。夜更かししないでしっかり睡眠をとることが大事です。洗顔にも注意が必要で、ニキビができるとお肌を清潔に維持しようとして一日何回も洗顔する人がいますが、実は洗い過ぎは良くありません。洗顔すればするほどニキビそのものに触る機会が多くなるので、刺激から角質が硬くなり悪化させるケースがあります。

洗顔した後お肌は乾燥するので、ニキビにとって乾燥は敵になるので洗顔するのは朝と夜で十分でしょう。脂性肌の人の場合は3回までにして、触る機会を少なくすることをおすすめします。頬杖を付いている人も注意が必要で、手によってニキビを触ることになるので悪化するかもしれません。必要以上に触らないようするため、頬杖などにも注意が必要です。

髪型も工夫してみてみると効果があり、例えば額にニキビができているなら前髪を短くし、直接お肌に触れない髪型にするのが最適です。長時間の化粧も避けた方が良く、化粧品を使用する場合、薄化粧にしたり油分の多いクリームなどは選ばないようにしましょう。ストレスを溜めているとホルモンバランスが崩れたり、男性ホルモンが増えることもあります。穏やかな精神状態で過ごせるよう、上手にストレスを解消することも大切です。